ONE LOVE ONE HEART

~すべてはきっとうまくいく~

 

 

人が足りないものをまた人が補う。ある人はPCに強いがスピーチは苦手、ある人はスピーチは得意だが機械に弱い。デザイン力が優れている人も、手話が出来る人も、いるだけで周りを明るくしてくれる人も。人が集まるとそこに大きなチカラが生まれます。

 

 「なぜ他人にできて自分にできないんだろう」

 

できないことを嘆くのではなく、できることを最大限に活かすことができる。それがアクトという組織だと思います。ひとりひとりできることが違うのは当たり前です。できることが違うから大きなことができるのです。

 

また、近年会員減少が叫ばれていますが、会員増強が重要視されている理由には組織の維持の他に、組織のチカラの衰退があると思います。会員数の減少はイコール組織能力範囲の縮小です。組織能力範囲の縮小は活動の縮小につながり、結果的に組織力の衰退になります。

 

つまり新しい人が増えればそれだけできることが増える、逆に人が減ればできることが減るということなのです。

 

組織のチカラを向上させるにはひとりひとりの能力をひとつにする必要があります。ひとりひとりのチカラをひとつにした活動には化学反応が起き魅力が生まれ、活動を通して、ひとりひとりに組織に対する「愛」が生まれます。

 

ひとりひとりの「愛」と組織(人)に対する思いやりの心を持てば、どんなに困難なことでもすべてはきっとうまくいきます。

 

これからみんなの心をひとつにして愛の花を少しずつ育てていきましょう。

 

 

ONE LOVE ONE HEART ~すべてはきっとうまくいく~